このページの本文へ

JUIDA

JUIDA認定ドローンスクール Dアカデミー中国 島根校

Menu

“縁結びの地出雲”ドローンスクール誕生‼

無人航空機操縦士および安全運行管理者養成スクール

『ドローンを安全に飛行させるために身につけておくべきことがあります。』

Scroll

スクールの特徴

特徴1

JUIDA認定ドローンスクール

当スクールは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会[JUIDA]認定スクールで、全国的なDアカデミーのアライアンス(企業同士の提携)の一員として、ドローン技能の習得を目指す受講生に対し安全に運航をして業務を遂行する事を目的に企業が求める人材の育成を目指します。

特徴2

JUIDAの無人航空機操縦技能証明書、無人航空機安全運航管理者証明書の取得が可能

当スクールの無人航空機操縦技能、安全運航管理者コースを修了された方は、JUIDAへ申請を行うことでJUIDAの操縦技能証明書、安全運航管理者証明書を取得することができます。

特徴3

『i-construction』対応

『i-construction』とは
国土交通省が推進する、建設現場の生産性向上に向けて、測量・設計から、施工、さらに管理にいたる全プロセスにおいて、情報化を前提とした新基準で2016年度より導入されました。
当スクールの4日間コースの中には、『i-construction』の基礎が盛り込まれています。

特徴4

少人数制、1人1機で充実の飛行時間‼

できるだけ多くの飛行時間をとり、講師と受講生の皆さんとのコミュニケーションを密にし、きめ細やかな指導を行うため少人数制をとっています。コミュニケーションを密にとることで受講生の皆さんとの距離をなくし、いつでも気軽にアドバイスを受けていただくことができるため、より高い学習効果が期待できます。
また、実技は1人に1機をお貸しして行います。そのため順番待ちすることなく、確実に飛行実績を積んでいただくことができます。

特徴5

人材開発支援助成金の適用対象

人材開発支援助成金とは、企業が雇用する社員に対し、職業訓練等を計画に沿って実施した場合に訓練費用や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。
当スクールの講習を受講することで受給できる場合があります。受給するには様々な要件がありますので、利用をお考えの場合には専用窓口にご相談ください。
人材開発支援助成金についてはこちら

GPS機能に頼らずいかなる状況、不測の事態にも対処できるよう徹底指導します。
これこそが最も重要であり、当スクールが基本としている部分なのです。

使用機体

  • Phantom4pro
  • Mavic
  • Inspire2

JUIDAとは

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会 理事長:鈴木真二)は、日本のドローン産業発展に向けて2014年に発足。UASとは ”Unmanned Aircraft Systems” つまりは無人航空機システムのことです。

JUIDAは ”Japan UAS Industrial Development Association” の頭文字をとったものです。

かねてより無人航空機はいくつかの分野で利用・発展していましたが国際民間航空機関(ICAO)により、2018年から民間航空機の一ジャンルとして取り扱われることが決定しています。これに合わせ、JUIDAでは様々な民生分野に適したUASが開発できるような支援・研究等を行っています。

Dアカデミーとは

Dアカデミーは、JUIDA認定ドローンスクールで全国北海道から沖縄まで15校のアライアンスで構成され、常に情報共有し講師の相互協力を行いながら技術の向上を図っています。

様々な業種のアライアンスメンバーで構成されているため、幅広い情報を提供することができます。

Page Top